医療脱毛の実際、本当に痛くない?

医療脱毛の実際、本当に痛くない?

医療脱毛はレーザー機器の出力が強いので、その効果は抜群だとはいっても実際に痛みが強いとか、刺激が強すぎて施術を途中でやめるということは起こり得るのでしょうか。

 

もしそうした不安があって、医療脱毛をしないならば、それは勿体ないことです。元々永久脱毛は、ニードル脱毛というかなり痛い施術を経てレーザー脱毛にシフトしているので、どうしてもかなり痛いというイメージがつきまとっているのでしょう。またレーザー脱毛機器も初期のころは、やはり痛みがかなり強い機器もあったようです。

 

しかし、技術の進歩は早いですから、いまは効果がしっかりしているのに、肌への刺激はあまりないという機器が大分広まっています。もともと色に反応するレーザーなので、あまり日焼けして肌の色が黒くなっている人には使用できませんが、ほとんどの人が抵抗無く、施術を受けることができます。

 

医療脱毛の技術はどんどん進んでいますし、その上渋谷美容外科クリニックでは、専門医が丁寧に施術しますので、トラブルも少なく安心です。1999年から、競争の激しい渋谷で第一線の美容外科クリニックとして営業を続けている実績がこのクリニックの最大の強みです。信頼の形成外科専門医が揃っています。